Nikkei BP Cleantech Institute

日経BPクリーンテック研究所

日経BP総合研究所

日経BP総合研究所

情報戦を制するものは、ビジネスを制す

 「いま持っている技術・製品・サービスをもっと大きく育てたい」「顧客の心をガッチリつかみたい」「事業拡大に向け、信頼できるパートナー企業を見つけたい」「今の事業を核に、さらなる領域を切り拓きたい」――。
 これらは、あらゆる企業が常に抱えている課題です。この課題解決のために欠かせない考え方。それは「情報戦」です。タイムリーに適切な情報をつかみ、的確に分析すること(情報収集)、そして技術や製品・サービスの情報を顧客やパートナー企業の心に刺さる形・タイミングで発信すること(情報発信)。こうした取り組みが、ビジネスチャンス拡大への第一歩です。この情報戦で他社に先んじること、情報を制することが、ビジネスを制することにつながります。
 アジアという巨大市場を目の前にした今、日本の企業にとってとりわけ重要なのがグローバルへの情報発信です。それが、既存顧客やパートナー企業はもちろん、潜在する顧客・パートナーを引き寄せ、市場を拓く力になります。もちろん、その前段として的確な市場調査・分析や、技術の評価も欠かせません。グローバルの幅広い情報源から得た最新情報を基に、採るべき戦略を導き出し、スピーディーに事業に反映させていくことが重要です。
 日経BP クリーンテック研究所には、環境・エネルギー・スマートシティ分野の調査・分析を通じて得た知見があります。記者として長きにわたって培った機動力や人的ネットワークがあります。そして、メディア発のシンクタンクだからこその、企画のノウハウと情報発信力があります。
 情報の扱い方を極めることで、明日につながる社会イノベーションを育むこと、これが日経BP クリーンテック研究所の目指す方向性です。皆さまの情報戦にも必ずお役に立てることと思います。環境・エネルギー・スマートシティ分野での情報戦支援のことなら、日経BP クリーンテック研究所にお任せください。