Nikkei BP Cleantech Institute

日経BPクリーンテック研究所

日経BP総合研究所

日経BP総合研究所

日経BPクリーンテック研究所のご紹介

ミッション

環境・エネルギー・社会インフラ分野の事業領域の拡大は情報戦で!

 異業種との連携、コア技術の出口探索、新事業モデルの構築、海外への展開、製造業のサービス化など、これまでの事業継承ではないことに、多くの企業が挑戦しています。そこでは、経営の3 大リソース「ヒト」「モノ」「カネ」をどう動かすかと同時に、「情報戦」をどのように繰り広げていくかという戦略が求められます。日経BP クリーンテック研究所では、この情報戦を支援して参りました。実績も積み重なり、政府・企業、国内・海外を合わせて数十に達しています。

 分野は環境・エネルギー・社会インフラを中心とした技術経営。特にスマートシティでは「世界スマートシティ総覧」「Smart City Week」などを土台に、世界で最も情報の多い機関の一つになっています。実際に仙台では都市のコンセプト・デザインにも取り組んでいます。

 単なるメディアを超えて取り組んでいます。ただし、単なるリサーチでは部門ではありません。メディアを持ってムーブメントを起こす「メディア」×「リサーチ」×「シンクタンク」×「コンサルティング」という複合的な機能を持った組織として活動しています。ぜひお声がけください。

ターゲット

事業ネットワークの拡大に向けて

新産業創造プラットフォーム、パートナー&顧客探索プログラム、グローバル展開支援プログラム
詳細はこちら

事業計画の策定に向けて

ビジョン&コンセプト作成支援プログラム、技術分析プログラム、調査・コンサルティング
詳細はこちら

研究員紹介

河井保博(日経BPクリーンテック研究所上席研究員)

河井保博(日経BPクリーンテック研究所長)
センサーネットワーク、オープンデータ/ビッグ データなどICTの観点から、スマートコミュニティを調査・分析・提言する。「Smart City Week」のプログラム責任者、「スマートシティ・サービス研究会」の企画責任者。スマートシティ・プロジェクトの調査ではマレーシア、シンガポール、フィリピン、タイ、台湾などアジア諸地域を担当する。特にICTソリューションに関して深い知見と人脈を持つ。
<専門領域>ICT、社会インフラ、ソーシャルデバイス

藤堂安人(日経BPクリーンテック研究所主席研究員)

藤堂安人(日経BPクリーンテック研究所主席研究員)
『世界スマートシティ調査』(2010年6〜8月、2011年7月〜10月)や『世界スマートハウス調査』(2011年3月〜6月)、『世界スマートシティ総覧 事業・サービス編』(2012年3月〜6月)のプロジェクトリーダーや、スマートシティ・スマートハウスの重要な分野の一つである再生可能エネルギー、省エネルギー、スマートグリッドなどのプロジェクトの調査、プロジェクト管理を担当。また、日経BPの技術系媒体の編集長、発行人、局長、執行役員を歴任しており、プロジェクト統括能力と共に、再生可能エネルギーなどのクリーンテック分野で知見と人脈を持つ。経済産業所製品安全対策優良企業表彰審査委員(2009年〜現在)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)技術委員(2011年〜現在)、産業技術総合研究所客員研究員(2011年〜現在)に就任。
<専門領域>エネルギー、ものづくり、医療、高齢化

神保重紀(日経BPクリーンテック研究所マネジャー兼主席研究員)

神保重紀(日経BPクリーンテック研究所マネジャー兼主席研究員)
スマートシティ・プロジェクトの調査活動に従事。主に担当している地域は中国で、天津エコシティなど中国のスマートシティ・プロジェクトの担当者とパイプを持つ。国内スマートコミュニティのモデルである北九州市・横浜市・けいはんな学研都市、豊田市の情報戦プロジェクトの支援を担当。「Smart City Week」の企画責任者。日経BP社の環境技術&経営をテーマにする「日経エコロジー」編集長を歴任しており、特に環境マネジメントに関して深い知見と人脈を持つ。
<専門領域>環境、エネルギー、社会インフラ

金子憲治(日経BPクリーンテック研究所主任研究員)

金子憲治(日経BPクリーンテック研究所主任研究員)
世界のスマートシティにおける事業・サービス調査に従事した。2012年3月まで、約10年間にわたって「日経エコロジー」編集部に在籍し、環境・エネルギー分野における豊富な知識と取材経験、執筆実績を持つ。特にエネルギー分野では再生可能エネルギーを中心に、幅広い人脈ネットワークを築いている。日本や日本企業がエネルギー問題にどのように取り組むべきかという指針を示す講演活動を活発に行う。スマートコミュニティアライアンスの業務や情報発信プロジェクトなどを支援する。
<専門領域>エネルギー、先端技術、社会インフラ

菊池珠夫(日経BPクリーンテック研究所主任研究員)

菊池珠夫(日経BPクリーンテック研究所主任研究員)
日経BPクリーンテック研究所が実施してきたスマートシティ・プロジェクトやスマートハウス・ビル調査に従事。韓国、米国、中国など幅広い地域のスマートシティの調査実績がある。野村総合研究所を経て、日経BPの日経マーケット・アクセス編集に所属していた経験より、スマートシティ、スマートハウス・ビル及びその構成要素であるハードウエアやシステム・ソフトウエアの市場調査・分析、シナリオ分析などに特に高い能力を持つ。
<専門領域>エネルギー、市場規模予測、半導体

中西清隆(日経BPクリーンテック研究所主任研究員)

中西清隆(日経BPクリーンテック研究所 主任研究員)
スマートシティ・プロジェクト調査などに従事した。特に、都市の高齢化対策、再生可能エネルギーや電力改革といった分野で豊富な調査経験を持つ。
また、副編集長として日経エコロジーを創刊。2005年から日経BP環境経営フォーラム事務局長、2009年からECO JAPAN編集長を務めるなど、環境分野の経験が長く、深い知見と人脈を持つ。