日経BPクリーンテック研究所トップページへ

インフラモニタリング市場・技術に関する動向調査 朽化対策や長寿命化を実現する最新技術(センシング・ロボット・ICT)と事例

セット内容・レポート(専用4穴バインダー式A4判・210ページ)・PDFデータ(CD-ROM)本レポートをカラーで収録/発行:日経BP社/調査:日経BPクリーンテック研究所/発行日:2014年6月30日/価格 本体200,000円+税

お申し込みはこちら

  • 目次へ

日本のインフラ構造物の老朽化は深刻度を増しています。高速道路は、料金徴収期間を最大で15年間(2065年まで)延長して、巨額の更新財源を捻出します。例えば、1962年の供用開始から50年以上たった首都高速道路は、2020年の東京五輪開催に合わせて、大規模更新・修繕工事が加速することになりました。

一方、地方自治体では維持管理に対する財源不足、技術者不足、構造物の老朽化の進展によって、インフラの維持管理は一層、深刻な状況に陥っているのが現状です。インフラ構造物に点検・調査が行き届いていない市町村は多く、点検・調査を実施している自治体でも、不具合箇所の発見が見逃されたり、場合によっては放置されたままになり、笹子トンネルのような事故の再発が危惧されます。

こうした状況のなかで、「人による点検・調査」を補完する技術として注目を浴びているのが、センサ・モニタリング技術です。この技術は、センサ・デバイスをインフラ構造物に取り付け、ビッグデータ解析などICT(情報通信技術)を活用して、構造物の損傷や不具合をいち早く検知することを目的とし、構造物の崩落や崩壊といった致命的な事象の回避や、検知した損傷に対する適切な対策の実施に繋げる技術です。

政府は、これらの技術成長戦略である「日本再興戦略JAPAN is BACK」一環として位置付けたことから、電子デバイスメーカーやICTメーカーが、独自技術の出口としてインフラモニタリング市場に関心を寄せています。

本レポートは、インフラ構造物を対象に導入が目指されるセンサ・モニタリング技術に焦点を当て、国内外の政策動向、技術動向を整理し、電子デバイスメーカーやICTメーカーの参入に向けて必要な情報をまとめました。

特徴

お申し込みはこちら

  • ページトップへ

目次

1. インフラ維持管理の政策動向とモニタリング市場規模

  1. 1-1 最近の政策・仕組みの動向
    1. 1-1-1 産業競争力会議
    2. 1-1-2 国土強靭化基本法
    3. 1-1-3 インフラ長寿命化基本計画
    4. 1.1.4 社会資本の老朽化対策会議
    5. 1.1.5 道路における法・政令、省令・告示・定期点検基準の体系
  2. 1.2 包括的維持管理契約の動向
    1. 1.2.1 導入の背景
    2. 1.2.2 包括的維持管理契約の事例
  3. 1.3 政策のまとめ
  4. 1.4 モニタリング市場規模
    1. 1.4.1 道路橋のモニタリング市場規模
    2. 1.4.2 道路トンネルのモニタリング市場規模
    3. 1.4.3 市場規模のまとめ

2. インフラモニタリングの動向

  1. 2.1 点検・検査業務の現状とSHMの導入
    1. 2.1.1 点検・検査業務の現状と課題 SAMPLE
    2. 2.1.2 検知すべき損傷
    3. 2.1.3 SHM導入の契機
  2. 2.2 インフラ構造物モニタリングの基本
    1. 2.2.1 モニタリングの視点から見たインフラ構造物の特徴
    2. 2.2.2 維持管理におけるモニタリングの位置付け
    3. 2.2.3 モニタリングの導入プロセス
  3. 2.3 発注者のモニタリングに対するニーズ
    1. 2.3.1 モニタリングが必要な部位・事象
    2. 2.3.2 モニタリング技術に求められる内容
  4. 2.4 モニタリング技術の課題
  5. 2.5 インフラ技術者の見方
  6. 2.6 モニタリング体制
  7. 2.7 市場への参入アプローチ

3. モニタリングの最新技術・最新事例

  1. 3.1 モニタリング技術の最新動向
    1. 3.1.1 要素技術・ノウハウ SAMPLE
      • 3.1.1.1 計測
      • 3.1.1.2 外力把握
      • 3.1.1.3 損傷程度の把握
      • 3.1.1.4 非破壊検査
      • 3.1.1.5 画像診断
      • 3.1.1.6 情報通信
      • 3.1.1.7 電源供給
    2. 3.1.2 技術一覧(NETIS登録技術)
    3. 3.1.3 モニタリング新技術
  1. 3.2 モニタリングの導入事例
    1. 3.2.1 モニタリング事例一覧 SAMPLE
    2. 3.2.2 詳細事例
      • 3.2.2.1 東京ゲートブリッジ
      • 3.2.2.2 橋本道路垂井高架橋
      • 3.2.2.3 横浜ベイブリッジ
    3. 3.2.3 ビッグデータの活用
      • 3.2.3.1 路線バスを利用した中小橋梁の劣化度の推測
      • 3.2.3.2 羽田空港D滑走路のジャケット塗装の長寿命化
      • 3.2.3.3 車の位置情報から急ブレーキ箇所を特定
    4. 3.2.4 モニタリング目的別の整理

4. 海外の点検・モニタリング動向

  1. 4.1 米国の政策動向
    • 4.1.1 米国の橋梁保全施策 SAMPLE
    • 4.1.2 インフラの点検状況
  2. 4.2 モニタリング実施事例
    1. 4.2.1 海外橋梁の実施例
    2. 4.2.2 具体的な事例
      • 4.2.2.1 米国・新I-35セントアンソニー橋のSHMシステム
      • 4.2.2.2 米国・I-495のノースウエスト・ブランチ橋のSHMシステム
      • 4.2.2.3 米国・テキサス州オースティンのUS290-IH-35接続橋のSHMシステム
      • 4.2.2.4 香港の吊りケーブル系の5橋に導入されているWASHMS
      • 4.2.2.5 中国・東海大橋
      • 4.2.2.6 ヨーロッパ橋(オーストリア)におけるモニタリング
    3. 4.2.3 インフラ輸出としてのモニタリング(ベトナム・カントー橋)
    4. 4.2.4 モニタリング技術の評価基準
  3. 4.3 モニタリング関連機関・企業
    • 4.3.1 ISHMIIの加盟機関・企業
    • 4.3.2 米国の主なモニタリング関連企業
  4. 4.4 米国のモニタリング事情

5. まとめ

お申し込みはこちら

  • ページトップへ

好評発売中

老朽化インフラ保全技術に関する動向調査 点検・検査・診断・モニタリング技術市場の可能性 お申し込み・詳細はこちら