日経BP総研 クリーンテック ラボトップページへ

世界宇宙ビジネス総覧2019 民間主導の新潮流「ニュースペース」で拡大する市場と主要企業の戦略

調査:日経BP総研クリーンテック ラボ/発行:日経BP社/発行日:2019年3月25日/4穴バインダー形式(A4判)、約200ページ(予定)

●書籍のみ 定価:本体300,000円+税

お申し込みはこちら


●書籍+オンラインサービスセット 価格:本体450,000円+税

お申し込みはこちら

※オンラインサービスでは、本レポートをオンラインで閲覧・検索できます。テキスト情報だけでなく、図表の検索も可能です。
※オンラインサービスの詳細はこちらから

※オンラインサービスは2019年4月中旬に提供開始予定です

民間主導の新潮流「ニュースペース」で
拡大する市場と主要企業の戦略を分析

民間企業の宇宙ビジネスに参入する新潮流「ニュースペース」が活発になっています。米国では2000年代後半の政策転換で、電気自動車の米テスラ最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏が創業したスペースXは、国際宇宙ステーションへのロケット輸送を担います。アマゾン・ドット・コムCEOのジェフ・ベゾス氏のブルーオリジンも有人ロケットを開発しています。海外では宇宙ビジネスのベンチャー企業が1000社以上あるといわれています。

日本も2016年11月に「宇宙活動法」と「衛星リモートセンシング法」が成立。前者は事業者の安全確保のための規制を定め、後者は衛星画像がテロなどに悪用されないよう提供ルールを明確にしました。内閣府は2017年5月、衛星データ利用産業や宇宙ベンチャー育成を柱にした「宇宙産業ビジョン2030」を発表。2030年代早期に宇宙産業の市場規模を現在の1.2兆円から倍増させる方針を示しており、日本版宇宙ベンチャーが続々と誕生しています。

本調査レポートでは、新たな宇宙ビジネスの拡大や参入を検討する企業・団体を対象に、国内外の市場や政策を解説するとともに、「ニュースペース」と呼ばれる主要なベンチャー企業の戦略や動向を分析します。

特 徴

民間主導による新潮流「ニュースペース」の全貌を理解できる 有望なスタートアップ企業の戦略や取り組みを把握できる これからの宇宙ビジネスの有望な市場やセグメントが明らかになる 日本を中心とした政府の宇宙政策がわかる

PDFダウンロード

サンプルページのダウンロード〈無料〉はこちらから

・2-1-1 ウミトロン
・2-3-1 エール
・3-2-15 Sierra Nevada Corporation
 をご覧いただけます。

※日経BPマーケティング社のフォームが開きます。フォーム記載の注意事項をご確認のうえ、お申し込みください。


待望のオンラインサービスが登場
※「世界宇宙ビジネス総覧2019」のオンラインサービスは2019年4月中旬に提供開始予定です

目次

第1章 市場動向分析

  1. 1.1 宇宙ビジネスとニュースペースのインパクト
  2. 1.2 市場セグメントと市場予測
  3. 1.3 日本の市場動向
  4. 1.4 欧米の市場動向

第2章 宇宙利用企業戦略

  1. 2.1 衛星データ活用
    1. 2-1-1 ウミトロンサンプルページあり
    2. 2-1-2 グローバル測位サービス
    3. 2-1-3 スペースシフト
    4. 2-1-4 スペースデータ
    5. 2-1-5 パスコ
    6. 2-1-6 ビジョンテック
    7. 2-1-7 マゼランシステムズジャパン
    8. 2-1-8 ワテックスペースベンチャーズ
    9. 2-1-9 米Blacksky
    10. 2-1-10 米Descartes Labs
    11. 2-1-11 米Maxar Technologies
    12. 2-1-12 米Orbit Logic
    13. 2-1-13 米Orbital Insight
    14. 2-1-14 独Sapcorda Services
    15. 2-1-15 米Ursa Space Systems
    16. 2-1-16 イスラエルUtilis
  2. 2.2 宇宙空間サービス
    1. 2-2-1 シンガポールASTROSCALE
    2. 2-2-2 米Nanoracks
  3. 2.3 エンタテイメント・教育
    1. 2-3-1 エールサンプルページあり
    2. 2-3-2 SpaceBD
    3. 2-3-3 米Elysium Space
    4. 2-3-4 米Space VR
  4. 2.4 欧米の市場動向
    1. 2-4-1 米Blue Origin
    2. 2-4-2 米Virgin Galactic
    3. 2-4-3 米World View Enterprises
  5. 2.5 宇宙ホテル・移住
    1. 2-5-1 米Bigelow Space Operations

第3章 宇宙インフラ構築企業戦略

  1. 3.1 衛星インフラ構築
    1. 3-1-1 QPS研究所
    2. 3-1-2 アクセルスペース
    3. 3-1-3 インフォステラ
    4. 3-1-4 リーマンサット・プロジェクト
    5. 3-1-5 ワープスペース
    6. 3-1-6 カナダBlockstream
    7. 3-1-7 米LeoSat Enterprises
    8. 3-1-8 米Oneweb
    9. 3-1-9 米Planet Labs
    10. 3-1-10 英Surrey Satellite Technology
  2. 3.2 ロケット・輸送船
    1. 3-2-1 PDエアロスペース
    2. 3-2-2 インターステラテクノロジズ
    3. 3-2-3 スペースワン
    4. 3-2-4 スペースウォーカー
    5. 3-2-5 大林組
    6. 3-2-6 米AstroboticTechnology
    7. 3-2-7 米Boeing
    8. 3-2-8 米Breakthrough Initiative
    9. 3-2-9 英Firefly Aerospace
    10. 3-2-10 米Generation Orbit Launch Services
    11. 3-2-11 豪・シンガポールGilmour Space Technologies
    12. 3-2-12 米Orbital ATK
    13. 3-2-13 英Reaction Engines
    14. 3-2-14 米Rocket Labs
    15. 3-2-15 米Sierra Nevada Corporationサンプルページあり
    16. 3-2-16 米Space X
    17. 3-2-17 米Stratolaunch Systems
    18. 3-2-18 カナダThoth Technology
    19. 3-2-19 米Vector Space Systems
  3. 3.3 宇宙探査
    1. 3-3-1 ispace
    2. 3-3-2 米Deep Space Industries
    3. 3-3-3 米Moon Express
    4. 3-3-1 米Planetary Resources
  4. 3.4 装備・設備
    1. 3-4-1 outsense
    2. 3-4-2 タイガー魔法瓶
    3. 3-4-3 英Blue Abyss
    4. 3-4-4 米Final Frontier Design
    5. 3-4-5 米Made In Space
    6. 3-4-6 米Phasor Solutions
    7. 3-4-7 米Spaceflight Industries

※内容は変更になる場合があります。



●書籍のみ 定価:本体300,000円+税

お申し込みはこちら


●書籍+オンラインサービスセット 価格:本体450,000円+税

お申し込みはこちら

※オンラインサービスでは、書籍の内容を閲覧・検索できます。
※オンラインサービスの詳細はこちらから

※オンラインサービスは2019年4月中旬に提供開始予定です


▲ページトップへ

◆『世界宇宙ビジネス総覧2019』の発行に合わせまして、本書には書ききれなかった調査内容や知見を直接ご報告させていただくブリーフィングサービスも可能です。
お問い合わせは「日経BP総研 クリーンテック ラボお問い合わせフォーム」からお願いします。