みらい創造ひろばin 丸の内開催レポート

⑥2017年4月26日(水)【未来の洋服】
多機能な未来の服を想像してみる
開催レポート・会場の様子
  • 会場の様子
  • 会場の様子

生命力をアップする洋服などアイデア多彩

2017年4月26日、みらい創造ひろば第6回はNTTドコモの宇座瞬氏をみらい創造人として「未来の洋服」をテーマに実施した。NTTドコモでは、服にセンサーを付けて心拍数など体の状態をリアルタイムに測定する「hitoe」をサービス展開している。既に工事現場などでは、作業員がhitoeを着て作業し、健康状態をチェックしながら、熱中症の予防などに役立てている。将来的には、アイドルのコンサートで聴衆がアイドルの鼓動を感じることができるなど新しいサービスの紹介があった。

■グループディスカッションで出されたアイデア

  • ・危険を察知する洋服
  • ・転ばない洋服
  • ・外部環境に関わらず快適な洋服
  • ・生命力をアップする洋服
  • ・眠気を覚ます洋服
  • ・リラックスして良い時にはサイズが大きくなり、緊張しなければいけない時にはきつくなる洋服


<ディスカッションテーマ>

NTTドコモは、着るだけで生体情報を取得できる機能素材“hitoe”を使って、リハビリやドライバーの眠気感知の実証実験を実施。
当日は、実物によるデモを行い、未来の洋服の可能性について議論します。

洋服を着ているだけで健康になれたら、あるいはスタイルがよく見える錯覚を起こす洋服があったら、着てみたいと思いませんか。未来の洋服は、人のどのようなニーズを解決するのか。未来の洋服を想像し、それを実現するために必要な技術を議論します。
必要なセンサー、通気性や気密性を考えた材質、モビルスーツ…、さまざまな未来の洋服を考え、必要な技術とビジネスモデルを探ります。

「みらい創造人」

登壇者写真

宇座 瞬 (うざ しゅん)氏
株式会社NTTドコモ
ライフサポートビジネス推進部 ヘルスケア事業推進 ウェルネスビジネス担当

2007年4月:株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 入社
2015年4月:同社 ライフサポートビジネス推進部

close